効率的に学ぶためのブロックチェーンエンジニアになるための勉強法とは?

効率的に学ぶためのブロックチェーンエンジニアになるための勉強法とは? プログラミング
この記事を伝えたい人
YuuKI

普段はWEBディレクション・UI/UXデザイン・フロントエンド開発・WEBマーケターとしてマルチに活動しています。ブロックチェーンを使ったサービスを国内で推進できるよう、導入事例やブロックチェーンの今後の動きについて発信していきたいと思います。

\ フォローする /

ブロックチェーン開発をはじめたいと勉強をしてみる人が増えているものの、適切な勉強方法が分からずに挫折するエンジニアの方は非常に多いと思います。
こちらの記事ではブロックチェーンの仕組みから理解した上で、各ツールとそれらを「勉強すべき順番」をなども合わせてブロックチェーンエンジニアを目指せる勉強方法をご紹介していきます。

ブロックチェーンエンジニアになるための勉強法を徹底解説!

仮想通貨(暗号資産)やフィンテックといった分野で役に立つブロックチェーンを扱える人材は少ないです。ブロックチェーン技術が普及していないこともあり、ブロックチェーンエンジニアになるハードルは高いんじゃない?と思われている方も多いと思います。

ですが、プログラミングスクールや学習可能なサイト、書籍などを活用することで、「効率的にブロックチェーンを習得」する事ができます。ブロックチェーンのスキルを身につければ転職して収入を増やすことも可能ですし、今後日本でもその需要は伸びると予想されています。
そして、これから国内でもブロックチェーンを活用したサービスが増えてくるにあたりブロックチェーンエンジニアとして活躍できるように勉強法を知っておく事が大事だと思います。

一度簡単にブロックチェーンについて簡単にご説明させていただきます。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンについて

ここでブロックチェーンについて簡単ではありますが説明をさせて頂きます。
ブロックチェーンというワードが広まったのは、仮想通貨(暗号資産)の取引データを管理する基盤技術として使われているのが有名だと思います。
仮想通貨取引の経験が無いと馴染みはないとは思いますが(-.-;)
ブロックが連続するように取引情報を暗号化をし、保存する技術をブロックチェーンと呼びます。1つ1つの取引データをトランザクションと言いまして、トランザクションをまとめたものがブロックとなります。

分かりやすく説明させていただくと、ブロックチェーンの特徴は中央に情報が集まるのではなく、分散してデータを管理することが、ブロックチェーンの強みとなっており、ビットコインを利用する人であれば、各ユーザーの端末にデータが保存される仕組みとなっています。
その為にデータの改ざんなど行おうと思っても、全ての端末の情報を書き換えないといけないので実質改ざんする事は不可能に近いためセキュリティの観点からも極めて堅牢な技術とされています。

まだまだ普及していない新しすぎる技術である為、実社会でブロックチェーンを活用するにはハードルが少し高いかもしれません。
あまりにも先端すぎる技術の為、国家や行政などにも関わりサービスのローンチまでも様々な障壁が立ち塞がる事もあるかと思います。

将来的にはブロックチェーン産業が日本国内でも広まりつつあり、ブロックチェーン開発のエンジニアが足りなくなると思います。
そもそもITエンジニアは日本国内でも足りていないのが現状だと思います。

中央に管理する機関が必要ないから運用コストが低くなり、障害に強いのがブロックチェーンのメリット。
データが複数の端末に保存されているため、リアルタイムで更新難しくタイムラグがある事がデメリットとしても取り上げられています。

▼こちらの記事ではブロックチェーンのメリットとデメリットについてこちらの記事でよりわかりやすく解説しています!
ブロックチェーンのメリットとデメリット

合わせて読んでいただけると幸いです。

ブロックチェーンエンジニアは不足している

ブロックチェーンにはP2P(ピアツーピア)技術が活用されて分散型ネットワークが構築されている特徴があります。海外に比べて日本ではP2Pを扱えるエンジニアが少なく、ブロックチェーンエンジニアが少ないのが現状です。

過去にP2Pで著作権侵害など問題があり、(ウィニー事件)個人や企業がP2Pという技術に対して消極的である事も一つの理由だと思います。特に大企業ではグレーゾーンを嫌う傾向があり、P2Pを活用したフィンテックへの投資は海外と比べて日本国内ではまだまだ少ないのが現状です。
これからブロックチェーンという素晴らしい技術が日本国内でも盛り上がって欲しいと心から僕は思っています。

経済産業省の「IT人材育成の状況等について」によると、ビッグデータやIoTなど先端IT人材の不足数は2020年に約4.8万人、情報セキュリティ人材は同19.3万人が不足することを発表しました。ブロックチェーンでの開発案件が将来的に増えてくることが予想されており、日本国内でも「ブロックチェーンエンジニアは重宝される」将来になると思います。

スキルさえ身につければ他分野よりも就職しやすいですし、待遇や収入においても優遇されます。人手不足の傾向であるブロックチェーンエンジニアになることで良いキャリアを構築できるかと思います。

ブロックチェーンを勉強するには?

ブロックチェーンを勉強するには?

今までブロックチェーンを経験しなかった人(仮想通貨取引など)がブロックチェーンを勉強するには難しい部分も
勿論あると思います。
僕も初めてブロックチェーンの仕組みに触れた時は理解できませんでした。笑

ただ。ブロックチェーンという技術は世の中に、「透明性
・信頼性・堅牢性」
を与えてくれると僕は確信をしております。
ブロックチェーンに関する専門用語を覚える必要があることや、新たな言語を習得することが必要になっていきましす。

知識を理解せずにいきなり開発するよりも、まずは「ブロックチェーンの仕組み、概要、理論を勉強する事」をおすすめいたします。ブロックチェーンの仕組みと構造を知っておけばスムーズに勉強や開発ができると思います。

未経験者がブロックチェーンを勉強するには以下の流れに従うことがおすすめです。

  • ブロックチェーンの仕組みと構造を理解する
  • ブロックチェーンの基礎知識を理解する
  • ブロックチェーンを実際に体験してみる

それぞれの方法を詳しく解説させていただきます。

ブロックチェーンの仕組みと構造を理解する

まずは、ブロックチェーンの仕組みは、ネットワーク上で複数の端末、機器を接続して情報の処理を記録していくブロックと呼ばれるデータの箱を生成し、時系列に沿って1本のチェーンで繋いでいくことによりデータベースとなります。各ブロックは、連結されたブロックの一つ前のハッシュ値(ハッシュ関数により計算された値)を持っており、それをさかのぼることで、繋がりを辿ることができる。

ブロックチェーンの構造とは、ネットワーク内で発生した取引の記録を「ブロック」と呼ばれる記録の箱に格納します。
それぞれのブロックの中には取引の記録に加えて、1つ前に生成されたブロックの内容を示すハッシュ値と呼ばれる情報などを暗号化した文字列を格納します。
生成されたブロックが、時系列に沿ってつながっていくデータ構造が、まさにブロックとチェーンで結ばれている情報の箱、ブロックチェーンと呼ばれる理由です。

▼こちらの記事ではブロックチェーンの仕組みと構造はこちらの記事でよりわかりやすく解説しています!
ブロックチェーンの仕組みと構造をわかりやすく解説

合わせて読んでいただけると幸いです。

ブロックチェーンの基礎知識を理解する

ブロックチェーンを扱うために必要な基礎知識をはじめにインプットする事がとても重要です。
仕組みや成り立ちを1から知りたい人は「いちばんやさしいブロックチェーンの教本」がオススメです。

スマートコントラクトやトランザクションといった難しい要素を簡単な言葉と図で解説しています。ビジネスでのブロックチェーン活用事例も分かり、理論から実用性まで幅広く理解することができるかと思います。

ブロックチェーンの基礎知識を理解する

既にエンジニアとして働いている人であれば「ビットコインとブロックチェーン」もオススメです。ビットコインが成り立つ仕組みを具体例やグラフを通して理解できるため、ブロックチェーンの勉強に役立ちます。

ブロックチェーンを実際に体験してみる

ここからはブロックチェーンを実際に体験できるサービスについてご紹介させていただきます。
チュートリアルに従って開発することでスマートコントラクトの基礎機能を活用できます。イーサリアムのスマートコントラクトを理解しておけばアプリ開発でも役に立つと思います。

英語を読むのが難しい人は「はじめてのブロックチェーン・アプリケーション」を参考にすると良いですね。公式チュートリアルに近い内容であり、スマートコントラクトを体験できます。

「はじめてのブロックチェーン・アプリケーション」

はじめてのブロックチェーンアプリケーション

引用:はじめてのブロックチェーン・アプリケーション Ethereumによるスマートコントラクト開発入門

「CryptoZombies」

ゲームを開発してブロックチェーンアプリのプログラミングを勉強したい人は「CryptoZombies」がオススメ。開発言語の「Solidity」における文法をゲーム作りから学べます。

そもそもSolidityとは?

Solidityとは、スマートコントラクトを記述するための手続き型プログラミング言語であり、キャビン・ウッドによって作成された。JavaSriptやC++に似た構文を持つとされる。SolidityによってコンパイルしたプログラムはEthereum Virtual Machine上での実行が想定されます。意味が分からないですよね。。。

簡単に説明すると、SolidityとはEthereum上で動かせるプログラム言語のことです。そしてアプリケーションを動かすためにスマートコントラクトという技術を記述する必要があるということになります。

イーサリアム上のDApp開発をゲームを作って学無ことができるCryptoZombiesは、暗号からゾンビを生み出すゲームの開発を通じて、Solidity(ソリディティ)でスマートコントラクトの構築を学習できる、インタラクティブなオンラインレッスンです。
まずは体験してみてください。
参照:CryptoZombies

ブロックチェーンを学ぶのにオススメの本

インターネット上にはブロックチェーン開発に役立つ情報が多いですが、古いノウハウやまとまりがない場合があり使いにくいデメリットもあります。

効率的にブロックチェーンを勉強するのであれば、書籍を活用してブロックチェーンの開発を体験することがオススメ。勉強に役立つブロックチェーン書籍は次の3つ。

  • ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書
  • ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門
  • スマートコントラクト開発のためのブロックチェーン入門

どのような特徴があるのか、それぞれの本を詳しく説明します。

ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書

ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書

※画像引用:ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書

ブロックチェーンの理論や動向を説明しつつ、サンプル例を用いて開発例や考え方を学べるのがこちらの書籍です。ブロックチェーンアプリケーション開発についてチャプターごとに解説する分野が分かれていることが本書の特徴です。ブロックチェーンや仮想通貨の技術仕様を理解して、スマートコントラクト開発や開発での注意点まで理解できます。

既にエンジニアとして働いている人であれば、スムーズに理解できる内容です。ブロックチェーンの基礎知識やプログラミング言語を身につけた人が勉強するのに役立ちます。

スマートコントラクト開発のためのブロックチェーン入門

スマートコントラクト開発のためのブロックチェーン入門

※画像引用:スマートコントラクト開発のためのブロックチェーン入門

イーサリアム上で動作するアプリケーションを開発したい人にオススメの本がこちらの「堅牢なスマートコントラクト開発のためのブロックチェーン[技術]入門」です。

ビットコインとイーサリアムの違いを理解できて、スマートコントラクトでの開発方法を学べます。イーサリアムのセキュリティ対策についても勉強ができて、実際に開発するためのスキルを身につけることが可能です。

開発に必要な言語の説明や準備方法も解説するため、独学でシステムを実装できます。ブロックチェーンエンジニアとしてスマートコントラクト開発したい人にこちらの本は最適だと思います。

ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門

ブロックチェーンプログラミング仮想通貨入門

※画像引用:ブロックチェーンプログラミング仮想通貨入門

仮想通貨やフィンテックを支えるのに必要なブロックチェーンを理論から実践まで学べるのが仮想通貨入門。開発ツールの導入から暗号技術、ノード、プロトコルを実装しながら勉強できます。

プログラミング言語であるRubyを使って開発するため、実践を重視した内容であることが特徴。ブロックチェーンの基礎知識を身につけた人が開発を通してスキルを身につけるのにオススメです。

ブロックチェーンを学ぶのにオススメのサービス

ここからはブロックチェーンを学ぶのにオススメのサービスやプログラミングスクールをご紹介させていただきます。「本やインターネットで独学するのは難易度が高い」と悩む人もいるはず。勉強するのにハードルを感じる方にオススメするのはプログラミングスクール。

実務経験のあるエンジニアが分かりやすくプログラミングを解説して、アドバイザーが転職や就職のサポートします。ブロックチェーンを勉強するのに最適なスクールやサービスを6つご紹介させていただきます。

  • FLOCブロックチェーン大学校
  • テックアカデミー(TechacAdemy)
  • テックブースト(Tech Boost)
  • POL(ポル)
  • Edx(エデックス)
  • CryptoZombies(クリプトゾンビ)

それぞれのスクールやサービスにはどのような特徴があるのか、詳しく解説します。

FLOCブロックチェーン大学校

ブロックチェーンを専門的に勉強できるサービスがFLOCブロックチェーン大学校。エンジニアの育成から人材紹介、起業家育成までサポートしてブロックチェーンのプラットフォームを提供します。

ブロックチェーン大学校のコースは3つです。基礎を学べるベーシックコースやビジネス構築を学ぶビジネスコース、ビットコインやイーサリアムを活用して開発するエンジニアコースがあります。

エンジニアコースでブロックチェーンを勉強した人はキャリア支援サービスを受けることが可能。エージェントがあなたのキャリアアップに最適なブロックチェーン関連企業を紹介します。

スクールの雰囲気を知りたい人向けに無料体験コースを開いているのもメリット。ブロックチェーンの仕組みやスキルを身につける方法が学べるので、興味のある人にオススメします。

参照:FLOCブロックチェーン大学校

テックアカデミー(TechacAdemy)

テックアカデミー(TechacAdemy)

オンラインでプログラミングを学べるテックアカデミーではブロックチェーンコースを開講中です。仮想通貨の仕組みを基礎から理解できて、フィンテック業界に転職するのに役立ちます。

コースではブロックチェーンやウォレットの仕組みを学べるだけでなく、セキュリティからトークンの作成までより深いところまで勉強できます。分からない部分はメンターと相談できるところが特徴です。

ブロックチェーンコースを受講することで基礎やビジネスでの活用方法を習得ができますし、講座を受講して知識を身につけたい未経験者にはテックアカデミーはとてもオススメです。

高度な技術が必要になるので、まずは基礎的な知識と経験をプログラミングスクールで短時間で学びましょう!
現役エンジニアから学ぶならテックアカデミーがおすすめです!コースの選び方や内容も無料で相談ができます!

\ 今なら無料カウンセリング受付中! /

参照:テックアカデミー(TechacAdemy)

テックブースト(Tech Boost)

あなたの目標から逆算して講座内容が決まるテックブーストでもブロックチェーンを勉強できます。ブロックチェーンエンジニアになるために無駄のないカリキュラムを受講できるのが特徴です。

現役のエンジニアがスムーズに勉強できるようサポートするため、途中で勉強をやめてスキルが身につかないことを防げます。受講生であれば勉強するのにオフィスを利用可能です。
現役エンジニアのサポートは安心ですよね。

トレンド技術を勉強してキャリアアップしたい社会人にオススメのスクール。優れたサポートにより実践的なスキルを身につけたい人にテックブーストはオススメです。

参照:テックブースト

POL(ポル)

POLはブロックチェーンに関するリサーチ事業やグローバル対応サポートなどを手掛ける日本企業、株式会社techtecが提供する学習プラットフォームです。仮想通貨と法定通貨の違いは?といった入門的な内容から始まるため、初心者の方でも安心して勉強をスタートできます。
また、仮想通貨・ブロックチェーン領域のライターを目指す『ライターコース』や業界で活躍するための英語力を身に付ける『英語コース』といった独自カリキュラムも魅力的だと思います。

参照:POLビジネスコース

Edx(エデックス)

Edxは米国MIT(マサチューセッツ工科大学)とハーバード大学によって創設されたオンライン上のオープンな学習プラットフォームです。この中でも、名門UCバークレーが提供するコース「Bitcoin And Cryptocurrencies」はビットコイン・イーサリアムなどの仮想通貨の基礎から分散型アプリケーションの構築まで、網羅性・レベルともに十分な内容のコースとなっています。
MITとハーバードの創設と聞くだけでも凄いサービスですよね!

参照:Bitcoin and Cryptocurrencies

CryptoZombies(クリプトゾンビ)

CryptoZombies(クリプトゾンビ)

CryptoZombiesは、イーサリアムのサイドチェーンを開発するプロジェクト「Loom Network」により無料で提供されるブロックチェーン開発をイチから学ぶことのできる開発者向けのプラットフォームです。CryptoZombiesを利用することで、ユーザーはイーサリアムの主要開発言語であるSolidity(ソリディティ)の学習、Facebookによって発表されたLibra(リブラ)のコマンドラインを利用した勉強が可能となっています。

参照:イーサリアム上のDApp開発をゲームを作って学びましょう

ブロックチェーンのサービスを導入、新規開発するには?

既存のビジネスにブロックチェーンを取り入れたサービスを新規開発する企業なども勉強は必要になってきます。
日本ではブロックチェーンがまだまだ認知されていないため、最低限の基礎知識は勉強していく必要があります。
それではここから既存ビジネスに「ブロックチェーン」を取り入れる際の気になるポイントをご紹介させていただきます。

戦略的な方針の策定

ビジネス目標のクリアな定義

ブロックチェーンの取り組み目的をはっきりさせ、ビジネス目標との調和を図ります。透明性の向上、効率向上、信頼性向上などが具体的な目標となります。

業界動向と法的要件の把握

導入前に業界の法的要件や規制に目を向け、ブロックチェーンの適用がこれに適合しているか確認します。

技術的検討

ブロックチェーンのフィット感評価

ビジネスニーズに最も合致するブロックチェーンの形態(パブリック、プライベート、ハイブリッドなど)を検討することが大事です。

セキュリティとプライバシーへの気配り

ブロックチェーンの強力なセキュリティと透明性を考慮しつつ、データのプライバシーやセキュリティも重要視します。

ステークホルダーの参加と理解促進

関係者の意見収集と協力

ブロックチェーンの導入には組織内の異なる部門や関係者の協力が必要です。積極的なコミュニケーションと情報共有が鍵となります。

トレーニングと教育の提供

従業員に対してブロックチェーン技術に関する知識とスキルを提供し、全体的な理解を促進します。

実装とモニタリング

段階的な展開戦略

大きな変革を回避し、小規模で段階的な展開を行います。これにより問題の早期発見と修正が可能です。

協力関係の構築

ブロックチェーンエコシステム内での連携を強化し、実装の円滑性と持続的な改善を目指します。
これらのアプローチを踏まえることで、ブロックチェーンの導入がより円滑で効果的なものとなるでしょう。

勉強してブロックチェーンエンジニアになろう!

勉強してブロックチェーンエンジニアになろう!

ブロックチェーンを勉強するには最初に知識を身につけて、次にシステム構築や開発により技術を習得します。参考書やインターネットを活用して勉強するのも良いと思います。

独学にハードルを感じる人はプログラミングスクールを活用することもオススメですし、エンジニアがあなたの勉強をサポートして、より良いキャリアに進むために転職、スキルアップができます。

まずは基礎的な知識と経験をプログラミングスクールで短時間で学びましょう!
自分にあった勉強法を選んで、ブロックチェーンエンジニアとして働きましょう!
現役エンジニアから学ぶならテックアカデミーがおすすめです!コースの選び方や内容も無料で相談ができます!

\ 今なら無料カウンセリング受付中! /

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。
この記事ではブロックチェーンエンジニアになる為の勉強法について詳しく解説させていただきました。
将来的に間違いなく使われる「ブロックチェーン」という技術。
将来も見据えつつ自分にあった勉強法を選んで「ブロックチェーンエンジニア」を目指していきましょう!