ビットコイン「Taproot」アップデートとは

【最新版】ビットコイン「Taproot」アップデートとは 暗号資産
この記事を伝えたい人
YuuKI

普段はWEBディレクション・UI/UXデザイン・フロントエンド開発・WEBマーケターとしてマルチに活動しています。ブロックチェーンを使ったサービスを国内で推進できるよう、導入事例やブロックチェーンの今後の動きについて発信していきたいと思います。

\ フォローする /

今回の記事では、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)は日本時間11月14日(日)14時頃、大型アップデート「Taproot」の実装が行われました。

ビットコイン「Taproot」大型アップグレードをわかりやすく解説!

ビットコインプロトコルのソフトアップグレードである「タップルート(Taproot)」が11月14日に実行され、暗号資産最大手のビットコインに、署名方式を「シュノア署名」に切り替えて「プライバシーの強化」、「スケーラビリティの改善」「セキュリティを向上」させるメジャーアップデート「Taproot」が導入されました。案としては2017年に提出されたもので、4年越しの実装となります。

いったい、「Taproot」とはビットコインにどのような恩地をもたらしたのか…

「タップルート(Taproot)」では、ビットコイン技術の発展のためのに作成および公開されている「Bitcoin Improvement Proposals:BIP」の中で以下の3つが導入されました。

  • BIP340 (bip-schnorr)
  • BIP341 (bip-taproot)
  • BIP342 (bip-tapscript)

スマートコントラクト機能の強化やプライバシー機能およびスケーラビリティ向上のために、具体的にシュノア署名(Schnorr Signatures)やトランザクションデータを要約する方法の一つであるマークルド・オルタナティブ・スクリプト・ツリー(Merklized Alternative Script Trees:MAST)が導入された。またスクリプト言語「タップスクリプト(Tapscript)」が導入されました。

ビットコインのアップグレード「Taproot」で何が変わった?

“ビットコイン”

具体的に「Taproot」アップデートで何が変わったのか?ここから詳しく説明させていただきます。
暗号署名フレームワークであるECDSAの使用が廃止され、その代わりとしてシュノア署名と呼ばれる技術を導入し、より複雑な取引(マルチシグネチャウォレットからの取引など)を他の取引と同じように見せかけることで、取引のプライバシーとセキュリティを向上するとともに、トランザクションの効率面でもメリットを最大限に発揮できます。
このため、今後のビットコインの普及拡大による取り引きの増加にも対応しやすくなることが期待されています。

Schnorr署名は今回のアップグレードの核

Taproot(タップルート)は、Schnorr署名を提供し、ネットワークの負担を軽減すると同時に、シンプルさ、効率、セキュリティを強化する。署名セットを1つに要約するための一種のマスターキーを作成することにより、UTXI(マルチシグニチャーマルチ入力トランザクション)をはるかに簡単、高速、安価に実行できる。

現在、ビットコインはすべてのデジタル署名に暗号化スキームECDSA (※1)を使用しており、ユーザーは秘密鍵を使用してトランザクションに署名して承認する。TaprootはSchnorrスキームを使用し、Taprootを使用するトランザクションはこのスキームを利用。Schnorrは、新しい機能を追加することで、ビットコイントランザクションのプライバシー、セキュリティ、および規模を強化する。

(※1)ECDSA(Elliptic Curve Digital Signature Algorithm)とは…
情報の安全性を保つデジタル署名の仕組みの一つで楕円曲線デジタル署名アルゴリズムを指す。

スマートコントラクトをより効率的に

“ビットコインとイーサリアム”

Taproot(タップルート)は、ビットコインの取引を新しいレベルに引き上げ、さらに高度なスマートコントラクトを生成する可能性を高めるいくつかのツールが作成されている重要な開発MAST (Merkelized Abstract Syntax Tree)の概念を通じて、ビットコインのスクリプト言語を改善することを目指している。

これにより、ネットワーク上のスマートコントラクト機能への扉が開かれ、さらに多くの採用につながる。ビットコイン開発者ハンプス・フォアーバーリー(Hampus Sjöberg)氏は、「Taprootは100年のソフトフォークである」と信じており、長期的には、より代替可能で堅牢なブロックチェーンを生み出すと考えている。そのフォアーバーリー氏が管理するアップグレード専用ウェブサイトTaproot.watchで次のように述べられている。

MASTは、支出時に契約の関連部分を明らかにするだけで、スマートコントラクトをより効率的かつプライベートにするのに役立つ。

暗号資産取引所からは「BTC入出金も再開に」

ビットコインの大型アップグレードに伴い、国内外の暗号資産取引所では『BTCの入出金を一時的に停止する』との発表が行われていましたが、現在はネットワークの安定性が確認されたことを受けて、一時停止されていたビットコイン(BTC)の入出金サービスも再開され始めています。

まとめ

今回はとても難しい話になってしまいましたが、ビットコイン「Taproot」大型アップデートについて引用を交えながら説明させていただきました。
ビットコインのプロトコル自体も、Schnorr署名がサポートされたことで今後トランザクションの複数のインプットをまたいだ「署名の集約」に始まり、「インプットのリバインドを可能にするanyprevout」、「コントラクトの条件を後から追加可能にするGraftrootのサポート」、「Covenantsを実現するための新しいopcodeの提案」、「高度なコントラクトを可能にするために無効化された旧opcodeの復活」など、さまざまな提案がされており、今後暗号資産での取引がより安全に安心して取引が行えるように進化していくといいですね。