【2024年最新版】ブロックチェーンに必要な開発言語とスキル

ブロックチェーンに必要な開発言語とスキル プログラミング
この記事を伝えたい人
YuuKI

普段はWEBディレクション・UI/UXデザイン・フロントエンド開発・WEBマーケターとしてマルチに活動しています。ブロックチェーンを使ったサービスを国内で推進できるよう、導入事例やブロックチェーンの今後の動きについて発信していきたいと思います。

\ フォローする /

ブロックチェーンを初めて開発するというエンジニアの方やこれからブロックチェーン開発のエンジニアになりたいなど下記のような様々な悩みを抱えている方が多いと思います。

  • ブロックチェーンの今後国内での需要は?
  • どのようなプログラミング言語が必要?
  • どのようにプログラムを組めばいいの?
  • 最低限必要なスキルは何?
  • どこで学べばいいの?
  • プログラミングスクールでどの言語から学べばいいの?

などなど、ITエンジニアの方でもどのように開発すれば良いか分からない方も多いかと思います。
この記事を読んでいただければ、ブロックチェーンエンジニアになるための「必要な開発言語」「必要なスキル」をインプットすることができます。
エンジニアの方なら馴染みのプログラミング言語で開発されているケースも多いです。
特定の開発言語でなければブロックチェーンが作成できないということはなく、具体的には、C++、JavaScript、Go言語などのプログラミング言語がそれに該当します。
勿論、スマートコントラクトなどはsolidity(ソリディティ)という言語が必要になったりする場合もあるので一概に馴染みのあるプログラミング言語だけで開発できるとも限りません。こちらの記事はブロックチェーンの種類に合わせたプログラミング言語を分かりやすく解説させていただきます。

ブロックチェーンに必要な開発言語とスキルをわかりやすく解説!

日本国内でも需要が高まってくると言われている「ブロックチェーン」
これから将来的にも需要が増えてきているジャンルの技術ですが、まだ新しくその詳細はあまり知られていません。
ITエンジニアでさえもブロックチェーンをどのように開発すれば良いか分からない方も多いかと思います。
僕の友人はブロックチェーンの仕組みが分からない所から、ググりながら開発したと聞いたことがあります。
仕組みを理解することにより、開発フローもより明確になるかと思います。

ブロックチェーンを作れるエンジニアは世界的にも国内でも少ないため、これからブロックチェーンエンジニアの需要は間違いなく高まってくると思います。
先日はビットコインETFが遂にアメリカ証券取引委員会で承認され、暗号資産に詳しくない方も投資信託としてビットコインと連動する商品へ投資する事もこれから盛り上がってくるかと思うので、暗号資産の流通が増えることによりブロックチェーンを使用したサービスが今後増えることも予想されます。

最近では初心者でもとっつきやすいPythonを学び、ブロックチェーン開発に活かす方も増えているようです。
ブロックチェーンを開発できる言語は多数あります。
基本文法はプログラミングスクールで学び、プラスアルファで学びたい言語は独学で学ぶなど工夫をすれは最短でブロックチェーンエンジニアとしてのスキルセットにする事ができるかと思います。

  • 「JavaScript」はライブラリが多い
  • 「C++」や「C#」は仮想通貨関連のシステムに使われている
  • 「Solidity」はスマートコントラクト(契約の自動尾行)の実装
  • 「Java」は産業用のシステム開発におけるブロックチェーン

高度な技術が必要になるので、まずは基礎的な知識と経験をプログラミングスクールで短時間で学びましょう!
現役エンジニアから学ぶならテックアカデミーがおすすめです!コースの選び方や内容も無料で相談ができます!

\ 今なら無料カウンセリング受付中! /

以下では「ブロックチェーン開発に必要なプログラミング言語」「ブロックチェーンエンジニアになる為の必要なスキル」をわかりやすく解説していきます。

ブロックチェーンエンジニアとは

ブロックチェーンエンジニアとは

ブロックチェーンエンジニアとは、ブロックチェーンに関する業務を担うエンジニアのことを指します。現在は、ブロックチェーンエンジニアとして就労する人は少ないでしょう。逆に言えば、ブロックチェーンエンジニアの資格を持っているだけで企業ニーズはかなり高まる可能性が考えられます。ブロックチェーンエンジニアの年収や需要、開発言語、必要なスキルなどについて解説させていただきます。

ブロックチェーンエンジニアの年収

ブロックチェーンエンジニアが少ない理由は、ブロックチェーンエンジニアという職種が創設されたのが、日本では比較的新しく、仕事の内容や必要とされるスキルがあまり浸透していないからだと考えられます。

ブロックチェーンエンジニアの年収

フリーランスエンジニアの求人を扱うサイト「フリーランススタート」の調査によれば、ブロックチェーンエンジニアの平均年収は945万円。最高年収は1,680万円となっています。

ちなみに、日本人全体の平均年収は、30代で452万円。ITエンジニア全体の平均年収は、30代で500万円です。
ブロックチェーンエンジニアの賃金水準は平均の2倍近いということになり、かなり高年収を狙える職種と言えます。
ブロックチェーンエンジニアの需要は高まる傾向にあり、一流企業や他分野のエンジニア部門などにおいては、1,000万円以上の年収を貰える場合があります。
参照:フリーランススタートブロックチェーンエンジニアの年収

ブロックチェーンエンジニアの需要

ブロックチェーンエンジニアの需要

ブロックチェーン技術は、まだ開発されて約10年程の歴史が浅い分野です。
最先端分野は常に変化していくので、学校などでの専門教育が難しく、技術者の数は多くないと言えます。
それでいて、近年注目されているキャッシュレス決済、暗号資産を使ったオンラインゲーム、などと相性がいいため、需要はとても高いです。
最近では社名を「Meta」に変更したFacebookでもメタバース(仮想空間事業)事業にも本腰を入れると話題になっていますよね。
ということは、仮想空間で物や権利の譲渡など、アバター間でのやりとりにブロックチェーンが使われそのようなサービス増えると推測します。
ブロックチェーン技術を組み合わせることで、安全性や利便性が高まり、さらに収益にも繋がるということで近年急速に注目度が増していくと思うので、転職や昇給を目指したいエンジニアにとって、ブロックチェーンの知識や技術、開発経験は、大きな武器になると思います。

ブロックチェーンエンジニアの業務

ブロックチェーンエンジニアが実際に携わる業務内容についてご紹介していきます。ブロックチェーンエンジニアが携わる業務内容は「Bitcoinに関する業務」、「Hyperledgerに関する業務」、「Ethereumに関する業務」などがメインとなっていくかと思います。

ブロックチェーンエンジニアの業務1:Bitcoinに関する業務

ブロックチェーンの始まりは今は誰でも耳にしたことがある「Bitcoin」との基盤技術として使われています。
他の項目にあるLitecoinDashもビットコインのソースコードがベースに構築されています。Bitcoin(ビットコイン)は、ブロックチェーンエンジニアに求められる基本的なスキルを学ぶステップとされ、Ethereum(イーサリアム)と合わせて学習するのもおすすめです。

ブロックチェーンエンジニアの業務2:Hyperledgerに関する業務

Hyperledger(ハイパーレジャー)は、2015年12月にLinux Foundationによって開始され、ブロックチェーンベースの分散元帳をサポートしている。パフォーマンスと信頼性の多くの面を改善することを目指して、主要なテクノロジー、金融、サプライチェーンの企業を含むグローバルビジネストランザクションをサポートするように設計された分散元帳に焦点を当てられています。プライベートで使用するブロックチェーンモデルを採用しており、主にエンジニアが個別で設計できるシステムモデルに最適とされています。一般的には、オープンソースで開発・設計されているブロックチェーンの基盤「Hyperledger Fabric」が用意されており、ビジネスにおいてはブロックチェーン技術の活用に最適とされているのでブロックチェーンエンジニア目指している方は「プライベートブロックチェーン」の実装も視野に入れておくことをおすすめします。

ブロックチェーンエンジニアの業務3:Ethereumに関する業務

ノードの構築として分類される「Ethereum」は、スマートコントラクト設計や開発などをはじめ、Webアプリケーションおよびブロックチェーンネットワークを連携させるためのインフラ設計と構築に役立つ仕組みです。ブロックチェーンエンジニアとして把握するべき知識の基本ですが、アプリ設計段階でのプラットフォームの開発にも重要となるため、「Ethereum」は必ず習得しておく必要があります。

ブロックチェーン開発に必要なプログラミング言語

ブロックチェーン開発に必要なプログラミング言語

ブロックチェーンを開発するにあたり、ハードルが高いと感じているかもしれません。
とても難しそう…
何の言語が必要なんだろう…
以外にもブロックチェーン開発の言語やスキルは意外にもシンプルだと個人的には思います。
ここからはブロックチェーンを開発の際に必要なプログラミング言語を簡単ではありますが、ご紹介していきます。

必要なプログラミング言語1:Go

Ethereumのクライアントソフトである「Go Ethereum」を利用したい人向け
IBMの「Hyperledger Fabric」に共通したシステムを構築する場合には、「Go言語」か「Java」をインプットしておくとよいでしょう。Go言語は、2009年からGoogleが独自に開発したオープンソースプロジェクトのプログラミング言語となります。

必要なプログラミング言語2:C++

Bitcoinの開発に利用されていてブロックチェーン自体の開発をしたい人向け
仮想通貨関連のシステムを手掛けるのであれば、ビットコイン自体が「C++」で構築されているため、「C++」を知識としてインプットするといいでしょう。「C++」だけでなく「C#」というプログラミング言語も、仮想通貨取引所などの求人条件になる場合があるので、仮想通貨取引所のシステムを運営する上で必要なプログラミング言語とだといえるでしょう。

必要なプログラミング言語3:JavaScript

Webページにブロックチェーンを実装するシステムを開発したい人向け
JavaScriptというのは、Web上に組み込まれたプログラムをブラウザ上で実行するために用いられるプログラミング言語です。主にスクリプト言語の1つとされ、実行環境をWeb上に組み込む形で利用されることが多いでしょう。LiskSideChain開発キットはJavaScriptで記述され、開発者はLiskのブロックチェーンプラットフォーム上でアプリケーション構築が可能です。

必要なプログラミング言語4:Solidity

Solidity(ソリディティ)

ブロックチェーンで活用されている「スマートコントラクト」を習得したい人向け
Solidityは、Ethereumスマートコントラクトの開発に使用されるプログラミング言語で、Ethereum開発者の間で人気のある言語です。Fungible TokenやNonFungible Tokenを発行したプロジェクトなど世界中で様々なDappsが開発されています。

▼こちらの記事ではSolidityのフレームワークなどについて詳しく解説しています!
NFT(非代替性トークン)開発言語とフレームワークをわかりやすく解説

ブロックチェーン開発に必要なスキル

ここからはブロックチェーン開発に必要なスキルをわかりやすく解説していきます。

ブロックチェーン開発に必要なスキル

プログラミングスキル

ブロックチェーンはデータベースに関連するスキルではありますが、その根底にはプログラミングが関連します。独自のアルゴリズムを処理するために、プログラミングが必須となってくるのです。
そのため、ブロックチェーンエンジニアはプログラミングスキルが求められます。なお、求められるプログラミング言語は以下のとおりです。

ブロックチェーン開発に必要なプログラミング言語

  • C++(ビットコイン)
  • Go言語(イーサリアム)
  • JavaScript(Webサービス)
  • Solidity(スマートコントラクト)

などをはじめ、一般に使用される言語の理解が必要でしょう。主にビットコイン(仮想通貨)の流通や取引内容を一括で管理するために設計されたシステムモデルとなるため、そこで使われる言語の理解は必須でしょう。

暗号化に関するスキル

ブロックチェーンのスキル

ブロックチェーンには暗号の技術が利用されています。そのため暗号化に関するスキルは正しく理解しておかなければなりません。
具体的に利用されている暗号化のスキルは様々あります。例えば最低限理解しておかなければならないのは「公開鍵暗号化方式」、「ハッシュ関数」、「擬似乱数生成」、「電子署名」などが挙げられます。これらのスキルは必ず利用するものですので、完璧に理解しておく必要があります。
また、単純にスキルを理解しておけば良いわけではありません。スキルを理解するのはもちろんのこと、「そのスキルがどのようなシーンで利用されるのか」について理解しておく必要があります。自分が身につけたスキルを適切な場面で選択して利用できるようになっていなければなりません。

ソフトウェア開発のスキル

ブロックチェーンエンジニアという名前のとおり、エンジニアとしてアプリやソフトウェア開発技術が求められるでしょう。データ構造に関する知識を元に、実装・実践などが求められます。分散型データベースに関する情報や知識・経験も必要です。さらに、プログラミング言語を使用した経験も大切でしょう。

ブロックチェーンのスキル

ブロックチェーンに関するスキルが必要です。当たり前と思われるかもしれませんが、こちらについても正しく理解をしましょう。
ブロックチェーンに関するスキルと暗号化に関するスキルは異なります。暗号化に関するスキルはブロックチェーンに利用されていますが、それだけでブロックチェーンが利用できるようになるわけではありません。ブロックチェーンには他の技術も利用されていますので、個別にブロックチェーンの技術だけを理解しなければなりません。
なお、ブロックチェーンのスキルはまだまだ発展途上の状態です。そのため技術を完璧に身につけるのは難しい状況です。ただ、ブロックチェーンの基本的な考え方に関する書籍などが販売されています。これらを活用して、ブロックチェーンの最低限のスキルを身につけるようにしましょう。

ブロックチェーンのスキルアップ

どんどん進化してしまい書籍だけではついていけませんが、まずは基本となるスキルの習得が必要です。
スキルアップを考えているのであれば、実際にブロックチェーンの実装をしてみると良いでしょう。書籍の練習問題などにチャレンジするのはもちろん、仮想通貨でブロックチェーンを体感してみてもいいかもしれません。

最近では初心者でもとっつきやすいPythonを学び、ブロックチェーン開発に活かす方も増えているようです。
ブロックチェーンを開発できる言語は多数あります。
基本文法はプログラミングスクールで学び、プラスアルファで学びたい言語は独学で学ぶなど工夫をすれは最短でブロックチェーンエンジニアとしてのスキルセットにする事ができるかと思います。

  • 「JavaScript」はライブラリが多い
  • 「C++」や「C#」は仮想通貨関連のシステムに使われている
  • 「Solidity」はスマートコントラクト(契約の自動尾行)の実装
  • 「Java」は産業用のシステム開発におけるブロックチェーン

高度な技術が必要になるので、まずは基礎的な知識と経験をプログラミングスクールで短時間で学びましょう!
現役エンジニアから学ぶならテックアカデミーがおすすめです!コースの選び方や内容も無料で相談ができます!

\ 今なら無料カウンセリング受付中! /

まとめ

ブロックチェーンエンジニアは、最先端技術を担っている存在です。
今回は、ブロックチェーンエンジニアに必要なスキル学んでおくべきプログラミング言語、業務内容をご紹介させていただきました。
まだまだ国内では定着しているとは言い難いブロックチェーン技術ですが、今後様々なサービスで需要が高まってくるのは間違いないと思います。
ブロックチェーンエンジニアは、まだ見ぬ新たな製品・サービスを作り出すチャンスに溢れています。

ブロックチェーンエンジニアとして働く人は現在、少数しかおらず需要が非常に高まっている職業です。ブロックチェーンエンジニアになるのは簡単ではありませんが、これから活躍していく仕事で年収も高く、将来性もある職種なのでブロックチェーンエンジニアになりたい方への開発言語など興味がある人はこの記事を参考にして頂けると幸いです。
世の中に、今までにない新たなサービスなどを提供したい、便利な世の中にしたいという志を持っている人は、ブロックチェーンエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。